死亡保険について

掛け捨てじゃない保険で、大きな保障を得ようとしたら、貯金するのと同じくらいの出費になります。医療保険に終身特約をつけるデメリット

まぁ、万一の時は、貯金では補えないような保障があり得ます(特に契約当初に近いほど)

万一の時より先に老後など生きていく資金が必要で解約した場合・・・
例えば30年で2,000万円貯めたいと思ったら、毎月55,555円ほど貯蓄する必要がありますが、解約返戻金で求めるにせよ、貯蓄に前後するくらいの保険料支払いが必要です。

お勧めは・・・
予算に無理のない範囲で、貯蓄性の部分(掛け捨てじゃない終身保険の類)を作ること。
だんだん変化する必要保障額(基本下がる。特にお子さんの大学卒業あたりで一気に)に沿って変化する部分は、掛け捨てを組み合わせて大きな保障を得る。
このようにするのが一般的です。


Copyright(c) 2012 死亡保険(終身、貯蓄分)は どれだけ必要か? All Rights Reserved.